はじめてIFAPLUSを利用される方へ

IFAPLUSで独立準備をスタート

まずは自分で準備してみる方
IFAになるには、金融商品仲介業者に所属しなければなりません。提示される契約形態や条件はさまざまですが、まずは報酬率の相場や流れについて把握しておきましょう。
関連記事

IFAとして独立する際、一般的な選択肢は2つあり、金融商品仲介業者に所属する方法と、設立して登録する方法のどちらかになります。時間やコスト等のハードルを踏まえると、ほとんどの人はどこかの金融商品仲介業者にIFAとして所属することにな[…]

関連記事

IFAとは、”Independent Financial Advisor” の略であり、その言葉の通り独立したファイナンシャルアドバイザーの事を指しています。IFAは証券会社や保険会社などに雇用されている訳ではなく、完全な個人事業主[…]


交渉してもらって良い条件で契約したい

エージェントサービスを活用し、代わりに金融商品仲介業者を紹介してもらう。IFAPLUSが複数の会社と交渉し、IFAとしてもっとも有利な条件でスムーズに独立へ。

エージェントサービスについて

エージェントサービスを利用する


IFAに関するさまざまな疑問を解決します

 

まずは準備から
そもそもIFAとして独立すべきか、タイミングはベストなのかについてよく考えた上で、準備をスタートします。

IFA独立のタイミング

手続きの流れ

IFA独立に必要な資金

書類作成
テンプレートをダウンロードして、例を見ながら簡単に入力・作成できます。未経験でIFAにチャレンジする方は特に重要です。

職務経歴書テンプレート

応募
IFAとして所属したい金融商品仲介業者をいくつか選び、面談の応募をしていきます。1社に絞らず、複数の会社と話を進めると有利に働くことが多いです。

金融商品仲介業者への応募方法

金融商品仲介業者選びのポイント

面談
金融商品仲介業者から契約形態や報酬率を提示されます。出社頻度や会議の有無についても確認しておきましょう。

面談での契約交渉

独立
金融商品仲介業者と外務員契約を締結すると、IFAとして活動を開始出来るようになります。開業届などの事務手続きも忘れずに済ませましょう。

独立時の事務手続き


エージェントサービスを利用する