証券外務員資格の難易度はどれくらい?IFAになるor証券会社に入社するなら必須の資格について解説

証券外務員の資格を取得しようか迷っている人はいませんか?

実は証券外務員の資格はそれほど難易度は高くなく、かつIFAになるor証券会社に入社するためには必要な資格のため、結構おすすめの資格なんです。

そこで、今回はそんな証券外務員の資格について解説をしていきます。

証券外務員とは

証券外務員は、証券会社や銀行などの金融機関において、株式や債券など金融商品を売買したり、顧客へ金融商品の勧誘をする際に必ず取らなければいけない資格です。

また証券外務員にはニ種と一種があり、それぞれ業務で携わることのできる商品に違いがあります。

証券外務員ニ種について

証券外務員二種で業務上、取り扱いができるのは現物の株式のみです。

現物の株式とは、自分が用意した資金内で、株式市場に流通している株式や商品を売り買いする取引のこと。

後述する証券外務員一種に比べて、現物の株式のようなリスクの低い商品のみを顧客に勧誘することができます。

証券外務員一種について

証券外務員一種は証券外務員二種の上位の資格の位置付けで、二種の業務に加えて、信用取引やデリバティブ取引など、リスクの高い商品含めて、全ての金融商品を顧客へ勧誘することが可能です。

現在、金融機関に働いている人の多くは、この証券外務員一種を保有していると見て良いでしょう。

ただIFAの実務的にはほとんど「現物株式」「債券」「投資信託」など証券外務員二種で対応可能な商品を勧誘に収まる人がほとんどかと思います。

しかし、IFAが顧客へ最適な株式を提案する際には、どうしても信用取引などの知識が必須であるため、外務員試験一種は取得しておいた方が良いでしょう。

難易度は?

さて、気になる証券外務員の難易度ですが、2019年度の証券外務員一種・二種の合格率はともに65%程度とそれほど高くありません。

出題方式も◯✕方式と五肢選択方式のため、一字一句丸暗記も必要なく、易しいと言えるでしょう。

なお、仮に不合格になってしまっても、受験日から30日を経過すれば再受験することができますのでご安心ください。

証券外務員を取得する4つのメリット

ではこの証券外務員を取得するメリットは何でしょうか?ここでは4つ紹介していきます。

証券会社へ応募できる

証券会社に入って、営業活動をする上で証券外務員の資格は必須であり、また証券会社への転職活動は、少なくても証券外務員を持っていた方が良いです。

それは新卒の場合は、証券外務員を持っていなくても入社後の研修で取得することができますが、中途の場合は、どこかしらの金融機関での業務経験や証券外務員の資格保有者、または営業経験者を求めているケースが多いからです。

また中には未経験者向けの求人で、「歓迎条件」として証券外務員試験の資格保有者を掲げている会社もあります。

このように証券外務員の資格を持っていれば、証券会社で働く道を拓くことが可能となります。

IFAへの道が拓ける

IFAになるためにも証券外務員は必須の資格です。

そのため、IFAを目指す人は面談前に証券外務員を取得しておきましょう。

なお、実際IFAとして勧誘するのは証券外務員二種で対応可能な「株式」「債券」「投資信託」に収まると思われがちですが、信用取引に理解がないと株式投資の本質は見えないため、なるべく証券外務員一種も取得しておくべきです。

ただIFAにとっての証券外務員とは持っていることが前提の資格と考えられ、大切なのは実務経験や知識です。

そのため特に実務経験がない人は、資格取得はあくまでもIFAへの第一歩と考え、金融商品や市場に関する知識をつけることに専念したり、まずは証券会社など金融機関で働く選択肢も検討しましょう。

取得しやすく、他の資格取得にも役立つ

繰り返しますが、証券外務員はそれほど難易度が高くない資格です。

インターネットでは2週間の勉強時間で合格できた、などの声もありますが、現在働いているサラリーマンの場合は2ヶ月程度の勉強時間は見積もっておいた方が良いでしょう

ただし、それでも他の資格に比べて必要な勉強時間は決して多くないでしょう。

また、証券外務員と上位資格である証券アナリストやFP(ファイナンシャルプランナー)などの学習範囲は重なります

今後それらのよりレベルの高い資格を取りたいと考えている人にとっては、まずは難易度の高くない証券外務員を取得するのも良いかもしれません。

経済・金融の知識がつく

証券外務員の試験では、金融商品にまつわる法令の他、証券市場の基礎知識、経済・金融・財政の常識など、経済・金融にまつわる科目が出題されます。

普段なんとなく把握している経済・金融の知識も、試験勉強をすることでしっかり整理・把握することができるようになるでしょう。

まとめ

今回はIFAになる、もしくは証券会社に入社する際に必須の資格である証券外務員について、難易度や取得するメリットなどを紹介してきました。

証券外務員は難易度が高くなく、IFAや証券会社で働く第一歩を踏み出せるという意味で、コスパが良い資格と言って良いでしょう。

是非、「IFAを目指す」もしくは「証券会社で働きたい」という人は、証券外務員の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!