証券会社から外資系金融に転職するのに英語力は必須?キャリアと英語力の関係について

証券会社の営業員の中には「将来性がない」「仕事がきつい」「給料が低い」などの理由で転職を考えている方も多いかと思います。

そして転職先の候補には、より良い待遇や仕事内容を求めて、外資系金融に転職を検討している方もいるのではないでしょうか?

しかし、一方で外資系金融では、「どれくらいの英語力が求められるのか・・・」と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

そこで、この記事では、証券会社から外資系金融への転職と英語力の関係などについて解説していきます。

英語力は部門による

結論からいうと、外資系金融に英語力が求められるか否かは「部門」によります。

例えば、経理、人事、コンプライアンスなどを担当するバックオフィス部門では高い英語力が求められるケースが多いです。

一方で、営業部門は英語力よりは営業力の方が重要です。

ここでは営業部門とバックオフィス部門それぞれの求められる英語力について詳しく解説していきます。

営業部門は営業力>英語力

営業部門は英語力よりも営業力の方が強く求められます。

なぜなら外資系金融といえど、営業部門(特にリテール営業)の顧客は日本人の顧客を相手にすることが多いからです。

ほぼ英語を使わない場合もあるでしょう。

また営業部門の中でも法人営業部門の求人の中には、高い英語力を求められるハイクラスな求人もあります。

しかし、英語力不問の求人もそれ以上にたくさんありますので、英語力に関してはそれほど心配はいらないかと思います。

面接の場では英語力よりも今まで培ってきた営業力をアピールした方が良いでしょう。

バックオフィス部門では英語力が求められる

本社や海外オフィスとやりとりをする場面も出てくるバックオフィス部門では、英語力が求められるケースが多いです。

バックオフィス部門は帰国子女も多く在籍していることで有名です。

求められる英語力もさまざまで、英語でメールのやりとりができる程度のものから、中にはターゲット層を英語を読める人に絞り、求人票の内容自体を英語で書いている求人もあります。

またバックオフィス部門の中でも特に管理職などは英語力を求められる傾向にあります。

このようにバックオフィス部門の場合は、多かれ少なかれ英語力は求められると思った方が良いでしょう。

求められる英語力を実際の求人で確認してみよう

それでは、実際にどのくらいの英語力が求められるのでしょうか。

ここでは記事執筆時点で掲載されている求人から、求められる英語力を職種別に見ていきましょう。

リテール営業

まずはリテール営業に求められる英語力を見ていきましょう。

求められる英語力その他応募資格
求人A特に無し・高卒以上または同等の学力を有する方/未経験歓迎
求人B特に無し・高卒以上/営業経験をお持ちの方(業界・経験年数不問)
求人C特に無し・社会人経験がある方など
求人D特に無し・金融機関での営業経験がある方など
求人E特に無し・高卒上
・出身業界、経験職種不問

5つの求人全てが英語力を求めていない、という結果が出ました。

日本人を相手に仕事を行うため、特に英語力は必要ないものと考えられます。

またその他の応募資格を見ると、業界未経験者歓迎の求人があったりと、門戸は広いことが分かります。

業界未経験者でも歓迎してくれるということは、証券会社など金融業界出身者であれば、なおさら評価される可能性は高いでしょう。

法人営業

ここでは法人営業に求められる英語力を見ていきます。

求められる英語力その他応募資格
求人A特に無し・営業・コンサルタントなど課題解決の経験者
求人B特に無し・金融期間における営業経験3年以上など
求人C特に無し・高卒以上/営業経験をお持ちの方(業界・経験年数不問)
求人D特に無し・社会人経験3年以上あり、その内、営業経験が1年以上ある方など
求人E英語、中国語スキル必須・国内/外資金融機関(銀行・証券会社)等での法人営業経験など

見てきた求人5つの中で英語力を求められたのは、求人Eの1つのみで、他4つは英語力は不問という結果が出ました。

求人Eの英語力がどの程度求められるのかですが、「英語、中国語スキル必須」とだけあり、定量的な数字で記載はありませんでした。

求人を見ると親会社海外拠点との連携が必要な業務内容であるようですので、ビジネスレベル以上の英語力(目安TOEIC700点以上)は求められるでしょう。

また求人A~Dに関しては、営業先が主に日本人のため特に英語力は必要なく、営業経験が強く求められています。

バックオフィス部門

最後にバックオフィス部門におけるさまざまな職種で求められる英語力をチェックしていきます。

求められる英語力その他応募資格
求人A(内部監査・検査)TOEIC860点以上・メガバンク、外資系金融機関で内部監査部門、コンプライアンス関連部門の経験者
求人B(シニアマネージャー職)ビジネスレベルの英語力・日本会計基準における数理業務経験
・チームリーダー、もしくはプロジェクトリーダーとしての経験
求人C(シニアマネージャー職)ビジネスレベル以上の英語力(TOEIC700点以上)・保険会社における業務経験
・シニアアソシエイトとしての職務経験など
求人D(オペレーション統括)ビジネス会話(TOEIC735-860)・ホスピタリティ業界でのマネージメント経験など
求人E(財務報告業務)TOEIC730点以上(もしくはそれと同等の英語力をお持ちの方)・経理実務経験があること
・資産運用経理実務経験有り

今回参考にしたバックオフィス部門における5つの職種の求人全てに一定水準以上の英語力が求められていました。

どの求人もビジネスレベルの英語力を求めており、最低でもTOEICは730点以上は必要なようです。

また英語力に加えて、バックオフィス部門の求人はハイクラスな求人が多く、関連する業務経験も同時に求めていることも分かりました。

まとめ

今回は外資系金融と英語力の関係を解説し、実際の求人からも求められる英語力を確認してきました。

外資系金融というと英語がペラペラでなくてはいけないというイメージがあった人もいるかもしれませんが、特に営業職の場合、それほど英語力を重視しないことが分かりました。

英語に苦手意識がある人も臆せずに外資系金融への転職を考えることができそうですね。

最新情報をチェックしよう!