IFAも申請可能!?新規開拓営業にも使えるIT導入補助金について解説

新型コロナウイルスの感染拡大への対応としてIT導入補助金に「特別枠」が設けられました。

IT導入補助金は、IFAが新規開拓や業務効率アップのためにITツールを導入した時も申請可能な補助金であるため、今回の記事では、IFAが申請できるIT導入補助金のしくみや補助金額、申請時のポイントなどを解説します。

IFAも申請可能なIT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業などが業務効率アップのためにITツールを導入したとき、導入費用の一部を補助するものです。

従来からある通常枠「A類型・B類型」と、新型コロナウイルスへの対応として設けられた特別枠「C類型」とがあります。

IT導入補助金の目的

IT導入補助金の目的は、中小企業・小規模事業者がITツールを導入する経費の一部を補助し、業務効率化・売上アップをサポートすることで、その結果、企業の生産性の向上と労働者の給与アップを目指しています。

また、特別枠の目的は、新型コロナウイルス感染拡大への対応として在宅ワークを、推進するためにテレワークを導入する企業などを優先的にサポートすることにあります。

IFAが独立後にITツールを活用して業務改善や顧客の新規開拓を行った場合も、補助金の対象となります。

IT導入補助金のしくみとIT導入支援事業者

IT導入補助金のしくみは、下の図のように中小企業などがIT導入補助金事務局(一般社団法人サービスデザイン推進協議会)に申請し補助金を受けるというものですが、IT導入支援事業者が重要な役割を担っているということが特徴です。

IT導入支援事業者は、申請者のITツール導入や補助金申請をサポートするために公募により選定されたITベンダー事業者(ITのソフトウェアやシステム、製品などを販売する企業)などです。

【IT導入補助金のしくみ】

事業の目的

引用:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会|事業概要

IT導入支援事業者の主な役割は次の通りです。

  • 申請者がITツール導入・運用するサポートやアフターフォロー
  • 補助金申請のサポート
  • 事業状況報告などの代行

申請者はIT導入支援事業者が提供するITツールを導入しなければばらず、また事業実施後も事務局への状況報告などはIT導入支援事業者が代行してもらうことになります。

そのため、IT導入支援事業者の選定は、補助金事業の成否を左右する重要なポイントとなります。

IT導入補助金の対象者

IT導入補助金の対象者は、中小企業・小規模事業者等で業種別に資本金と従業員数によって定められています。

IFAはサービス業に該当し、資本金5,000万円以下・従業員数100人以下なら対象となります。

ただし、IT導入補助金を申請するには、下記の労働生産性や従業員給与の向上計画を事業計画に盛り込む必要があります。

  • 労働生産性の伸びが1年後に3%以上、または3年後に9%以上の数値目標を作成すること
  • 3か年の事業計画を作成して従業員に給与アップ(年1.5%以上など)することを表明すること

給与アップが未達の場合は、補助金の返還が必要なケースがあります。

補助の対象となるITツールの種類

補助の対象となるITツールは下記のように分類され、申請類型(A、B、C類型)によって導入するITツールの選択に一定の制約があります。

  • ソフトウエア(業務プロセス)

①顧客対応・販売支援、②決済・債権債務・資金回収管理、③調達・供給・在庫・物流、④業務固有プロセス、⑤会計・財務・資産・経営、⑥総務・人事・給与・労務・教育訓練

  • ソフトウエア(オプション)

①自動化・分析ツール、②汎用ツール、③機能拡張、④データ連携ツール、⑤セキュリティー

  • 役務(付帯サービス)

①導入コンサルティング、②導入設定・マニュアル作成・導入研修、③保守サポート

具体的な活用例は下記リンクで確認できます。

参考:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会|業種別 お悩み解決ITツール機能

IFAも申請できるIT導入補助金額は?

IFAも申請できるIT導入補助金額は、最大で450万円になります。

補助金は最大450万円、対象経費の1/2

IT導入補助金の金額は、申請する類型によって次のようになります。

類型補助金申請額補助率
A類型30万円~150万円未満1/2
B類型150万円~450万円1/2
C類型30万円~450万円2/3

IFAがA類型で補助金を受給した場合、補助金対象経費が60万円なら補助金は30万円、自己負担金が30万円となります。B類型の上限の450万円の補助金を受け取る場合は、450万円の自己負担が発生します。

補助金額などで決まる申請類型

IT導入補助金の申請類型は、導入するシステムのプロセス数と補助対象となる経費の内容によって決まります。

プロセス数とは、前述「ITツールの種類」のソフトウエア(業務プロセス)の①~⑥、ソフトウエア(オプション)の①~⑤、役務(付帯サービス)の①~③のうち導入するITツールの数です。

  • A類型:導入するプロセス数が1以上
  • B類型:導入するプロセス数が4以上
  • C類型:導入するプロセス数が1以上 かつ 補助対象経費の1/6以上が次の投資であること。(サプライチェーンの既存への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)

事業規模の大きくないIFAの場合は、ソフトウエア(業務プロセス)の「①顧客対応・販売支援」、または、C類型の「非対面型ビジネスモデルへの転換」の活用などが考えられます。

IFAも申請可能なIT導入補助金の申請方法

IFAも申請可能なIT導入補助金の申請方法は次の通りです。

IT導入補助金の申請期間

IT導入補助金の申請期間は次の通りです。

【通常枠(A類型・B類型)】

  • 第一次公募:2020年3月13日~2020年3月31日(終了)
  • 第二次公募:2020年5月11日~2020年5月29日
  • 第三次公募:2020年9月末締切(予定)
  • 第四次公募:2020年12月末締切(予定)

【特別枠(C類型)】

  • 第一次公募:2020年5月11日~2020年5月29日
  • 第二次公募:後日案内(予定)

IT導入補助金の申請のながれ

IT導入補助金の申請のながれは、次の通りです。

【補助金申請のながれ】

引用:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会|申請・手続きフロー

  1. IT導入支援事業者の選定とITツールの選択
  2. 交付申請(IT導入支援事業者との共同作成・提出)
  3. ITツールの発注・契約・支払い(補助事業の実施)
  4. 事業実績報告(補助事業の完了後にITツールの発注・契約、納品、支払いが分かるもの提出)
  5. 補助金交付手続き(事業実績報告が完了し、補助金額が確定後)
  6. 事業実施効果報告(IT導入支援事業者が代理提出)

補助金の申請はオンライン申請で「gBizIDプライム」という認証システムを取得が必要ですが、ITが苦手なIFAもIT導入支援事業者のサポートがあるので安心してください。

補助金申請のポイント

補助金申請のポイントはIT導入支援事業者の選定と活用です。

補助金の獲得にはIT導入支援事業者の力量が大きく影響しますので、必要なITツールを提供するIT導入支援事業者の中から実績のある事業者を選ぶことと、IT導入支援事業者と協力関係を築き力を貸してもらうことが重要です。

また、システムの導入・運用でもIT導入支援事業者の最適なサポートが得られれば、IFAが期待したITツール導入による業務改善や新規開拓がより効率的に実現できるでしょう。

まとめ

IT導入補助金は、補助金額や導入するITツールによって申請類型(A,B.C類型)が異なります。

IFAは「顧客対応・販売支援」や「非対面型ビジネスモデルへの転換」などを目的としたIT導入補助金の活用が有効でしょう。

補助金申請のポイントはIT導入支援事業者の選定と活用にあることを理解して補助金の獲得を目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!