大和証券の平均年収や年代別給与・待遇について

大和証券は時価総額、営業収益、預かり資産残高ともに、野村証券に次ぐ国内第2位の超大手証券会社です。

大手証券会社らしく大和証券に勤務すれば若いうちから相当な高額年収を得ることができます。

大和証券の平均年収や年代別の給料、そして福利厚生などの待遇について詳しく見ていきましょう。

大和証券の平均年収は1,057万円

大和証券の有価証券報告書によると、2018年度の平均年収は約1,057万円と、かなりの高水準となっています。

日本人の平均年収が約440万円ですので、大和証券に勤務することで日本人の平均年収の倍以上の年収を受け取れるということです。

しかも年収のアップダウンが激しい証券業界の中でも大和証券の年収は安定しています。

  • 2017年 :1,045万円
  • 2016年 :1,072万円

このように、平均年収は過去2年間も同水準で推移しています。

大和証券の平均年収は高い水準で安定していると言えるでしょう。

大和証券の年代別・役職別平均年収

インターネットなどから、大和証券の年代別平均年収の参考値を調べました。

大和証券の年代別平均年収

大和証券の年代別平均年収は凡そ以下のようになります。

年齢年収
20~24約680万円
25~29約800万円
30~34約920万円
35~39約1,030万円
40~44約1,030万円
45~49約1,240万円
50~54約1,320万円
55~59約1,290万円
60~64約1,000万円
65~69約980万円

20代後半でも800万円もの年収を得ることができ、30代で1,000万円を超えることができます。

同年代の会社員よりも圧倒的に高い年収を大和証券であれば獲得することができるでしょう。

ただし、大和証券の社員の年収を押し上げているのは、毎月の給料よりもボーナスによるところが大きいと言われています。

ボーナスは営業成績によって大きく左右されるので、営業ノルマが達成できる人と、達成できない人では収入面で大きな格差が生まれてしまうと言えるでしょう。

大和証券の役職別年収

同じく各種サイトなどから大和証券の役職別の年収をリサーチしました。

役職年収
係長約1,120万円
課長約1,470万円
部長約1,880万円

部長になると2,000万円近い年収を受け取ることが可能になります。

大和証券では出世をすることで、同期よりも遥かに高額な年収を受け取ることができるでしょう。

大和証券の社員の待遇

大和証券は初任給や福利厚生も非常に充実しています。

大和証券の採用情報などに記載されている、初任給や福利厚生制度について見ていきましょう。

初任給は大卒25.5万円

大和証券の採用情報2020によると初任給の給料は以下のようになっています。

職種月収
総合職・エリア総合職255,000円
専任職232,000円
カスタマーサービス職220,000円

厚生労働省によると、日本人の初任給の大卒の平均年収が約206,000円ですので、大和証券に就職することで総合職であれば、同年代の月収よりも毎月5万円近く多くの給料を受け取ることができるのです。

だだし、募集しているのは大卒以上のみですので、短大卒の人は大和証券へ就職することはできません。

1 学歴別にみた初任給について紹介しています。…

大和証券の福利厚生

大和証券は福利厚生も充実しており、主な福利厚生だけでも以下のように多数の制度があります。

  • 夏季休暇(最長連続10日間)
  • リフレッシュ休暇(最長連続5日間)またはフレックス休暇(最長連続12日間)
  • 結婚準備休暇
  • ファミリーデイ休暇
  • キッズセレモニー休暇
  • 親の長寿祝い休暇
  • 育児サポート休暇
  • 勤続感謝休暇
  • 通院休暇(最大年24日)
  • ボランティア休暇
  • 保養所(グアム、浦安、軽井沢、蓼科など)
  • 各種法人契約(レジャー、スポーツクラブ、映画などの割引利用)
  • 社内イベント支援制度
  • クラブ活動支援制度
  • 健康増進(定期健診、人間ドックなど)
  • 奨学金返済サポート制度
  • 出産一時金(1・2人目62万円、3人目以降別途お祝い金200万円)
  • 育児休職制度
  • 保活サポートデスク
  • 短時間勤務制度
  • ベビーシッター制度
  • ベビーサロン
  • 勤務地変更制度
  • 職制転向制度
  • 配偶者転勤同行休職制度
  • 海外留学制度

充実した休暇制度はもちろん、出産一時金やベビーシッター制度、ベビーサロンなど、子育て支援も非常に充実しています。

そして深夜までの残業が当たり前のようになっていた証券業界ですが、大和証券は19時退社を徹底させたことでも話題となりました。

大和証券は様々な角度から福利厚生が非常に充実していると言えるでしょう。

同業者と大和証券の平均年収を比べると

日本人の平均年収を大きく上回る大和証券の年収ですが、証券業界の中ではどのような位置付けになるのでしょうか?

大和証券の平均年収は同業他社と比較して高い水準にあると言えます。

同業他社と比較してどの程度の水準にあるのか詳しく見ていきましょう。

大和証券の年収は高い

証券業界は業界別でも年収の高い業界として知られています。

証券業界の平均年収は約760万円とされており、大和証券の平均年収は業界平均を300万円も上回っており、平均年収が高い証券業界の中でも大和証券の年収はかなりの高額であると言えます。

同業他社の中でも大和証券は高所得

そして、大和証券は同業他社と比較しても年収が高い会社です。

年収ランキングというサイトがまとめた2017年度の証券会社の平均年収ランキングでは、大和証券は、マーキュリアインベストメント、野村証券、ジャフコ、岡三証券に次いで、第5位となっています。

平均年収が1,000万円を超えているのは、この5社のみとなっており、証券会社の中でも大和証券は年収が非常に高い会社です。

年収ランキング

証券会社の平均年収ランキングです。証券業界の年収は現在どれくらいなのでしょうか。証券業界の年収がすぐ分かるように「証券業…

大和証券は年収も高いがノルマもきつい

大和証券は年収も高く、福利厚生も充実している非常に良い職場のように思えます。

しかし現役社員の口コミを集めたopenworkというサイトによると、以下のような口コミが多数あります。

「結果を出さないと努力量などは評価されない」

「リテールは結果によってボーナスの金額がかなり変わってくる」

「初日に辞めてしまう人や、すぐに休職する人が一定数いました」

「ノルマ達成のために最大限努力する必要がある」

このように、自由に働くことができるIFAなどと比較して、営業ノルマに対する姿勢はかなり厳しいものがあるようです。

その一方で、以下のような口コミもあります。

「土日は絶対休み、有給をとっていなかったら上から連絡が来て強制的に取らされ、夏休みも11連休くらいある」

「就業時間になったらすぐに帰れる。残っていたらむしろ怒られる」

「女性でも能力があればどんどん出世でき、若い管理職も多数いる」

OpenWork

大和証券株式会社の「社員・元社員のクチコミ情報」。就職・転職前に採用企業「大和証券」の働く環境、年収・給与制度、入社後ギ…

大和証券はノルマはきついが、福利厚生もしっかりしており、出産を経験した女性も働きやすくキャリアを作りやすい職場であると言えるでしょう。

また、ニュースなどでも話題になったように、深夜までの残業やサービス残業も本当にないようです。

「ノルマがきつくても収入が高く福利厚生などがしっかりとした会社で働きたい」という人にとって大和証券は向いている会社だと言えるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!