IFAの仕事内容とは?株や投信以外に取り扱う商品

金融業界でよく聞くようになったIFA(”Independent Financial Advisor”)ですが、投資家に対して中立な提案ができるアドバイザーとして、受け入れられつつあります。

基本的にIFAは、金融商品仲介業者に所属した上で、複数の証券会社と契約をし、その証券会社が取り扱っている金融商品を投資家に提案するという仕事です。

ただ単に商品を提案するだけにとどまらず、IFAはそれ以外の金融サービスを提供できる人が多く、それぞれのIFAによって得意分野が異なっています。

この記事では、普段IFAがどういった仕事をしているのか、金融機関からIFAに転職すると仕事内容はどう変わるのかについて、紹介していきたいと思います。

IFAの主な仕事は金融商品の提案

IFAは、いくつかの証券会社と委託契約を結んだ上で、投資家に対して金融商品の提案を行うことがメインの仕事内容となります。

基本的には証券会社と同じ

証券会社では、営業員が富裕層や資産家とされる投資家に対して、株式や投資信託を提案・販売して手数料を得ています。

相場状況や顧客意向に沿って株式や債券・投資信託を販売しますが、証券会社の社員は前提として会社の方針に従わなければいけないため、一般的には顧客本位ではなく、ノルマ重視の営業になりやすいです。

IFAは幅広い分野をカバー

IFAの基本的な仕事内容については証券会社と同じですが、会社に雇用される事なく中立な立場で提案しますので、会社に制限されずに提案できる点が最も優位な点です。

転勤がないIFAは、顧客と長期的に付き合っていく必要がありますので、目先の手数料というよりは、長期的に資産形成の手伝いをし、契約を続けて貰った方が良いという捉え方ができます。

そのため、商品の提案をするだけでなく、顧客からの相続などの相談についても適切に対応できるようにしておく必要があるので、幅広い分野について勉強しなければなりません。

IFAが取り扱う商品について

上で記載したように、IFAはただ金融商品を提案するだけでなく、それ以外のサービスを提供する必要があり、具体的には以下のようなものを取り扱うケースが多いです。

金融商品全般

株式や債券、投資信託といった金融商品を中心に取り扱っています。

提案する商品については、IFAはそれぞれに顧客に合わせて提案するので、例えば「小型の株式が好きなIFA」や「債券投資に強いIFA」といったように、会社と違って提案に個性が反映されるようになります。

最近では、株式手数料のデフレ化進んでいるため、対面で株式の提案する方は減っていて、投資信託や債券に関するIFA主催のセミナーなどが増えている傾向があると思います。

保険商品

保険商品は、株式などの金融商品と相性が良く、保険販売の資格を取得した上で募集登録を済ませれば、簡単に販売できるようになっています。

顧客の相続対策を考える上で、株式や投資信託は対策にあまり適しているとは言えず、保険の活用が半ば必須となっている事を踏まえると、本来はIFA全員が取り扱うべき商品であるかも知れません。

不動産

不動産については、IFAや証券会社のターゲットとなる顧客層と近い部分もあり、IFAが取り扱う範囲内であると考えることが出来ます。

保険と同じように、相続対策として利用できる側面があり、株式や投資信託ではカバーしきれない相続の分野で役に立つケースが多いです。

しかし不動産は、IFAの顧客数や取り扱う商品次第ではカニバリゼーション(市場を奪い合うこと)が起こる懸念があるため、IFAがそれぞれ必要に応じて取り扱うべき商品でしょう。

専門家関連

IFAが副次的に取り扱う商品については、保険や不動産などの相続関連の商品が中心となる事がわかるかと思いますが、その他専門家が行う「遺言作成」や「確定申告」などの悩みも解決する人もいるようです。

それぞれのIFAが個人的に付き合いのある”弁護士”や”税理士”といった専門家を顧客に紹介する事で、スムーズな問題解決をできるようにしているIFAもいます。

まとめ

IFAになって顧客を担当する中で、IFAは転勤がないために節目節目で色々なニーズが出てきます。

原則として副業が自由であるIFAは、自分が取り扱いたい商品だけに限らず、顧客の要望に応じて販売したり情報提供したりすることも必要です。

この記事では代表的なものだけをピックアップして紹介していますが、顧客のニーズに合わせて柔軟に仕事をしていくことが重要です。

最新情報をチェックしよう!