本当に中立?IFAに相談するメリットとは?

IFAとは証券会社などの組織に属さないフリーのファイナンルシャルアドバイザーです。

最近日本でも増え始めたIFAですが、証券会社へ相談するよりもIFAに相談した方が中立なアドバイスを受けられるなど、さまざまなメリットがあると言われています。

IFAに相談するメリットについて詳しく見ていきましょう。

IFAにはノルマがない!だから中立な相談ができる

IFAのメリットとして最初に挙げられることは、やはり中立性でしょう。

IFAには証券会社のようなノルマがないので、顧客本位で相談に乗ることができるというメリットがあります。

ノルマ優先の証券会社は中立性を欠くことがある

証券会社の営業担当には過酷なノルマがあります。

また、ノルマが課せられる金融商品の種類もさまざまで、新商品が出た時には新商品のノルマがあったり、国債のノルマがある場合もあります。

このようなノルマは、「今この商品を売れば顧客が儲かる可能性が高いから」ではなく、「会社がこの商品を売りたいから」という視点から課せられることが一般的です。

そして、ノルマは相場とは無関係にいつでも課せられるため、顧客に金融商品を買わせたら損をさせてしまうタイミングでも、ノルマ達成のために顧客へ金融商品を販売することが往々にしてあります。

証券会社はノルマ優先のあまりに、顧客優先ではなく会社優先で販売している側面があるのです。

関連記事

Googleで「証券会社」と検索すると、予想変換には「辛い」「ブラック」「辞めたい」などのネガティブワードが並びます。しばしばブラック企業の代表格として語られる証券会社ですが、一方で給料は他業種とは比較にならないほど高く、中小の証券[…]

ノルマのないIFAは証券会社より中立

一方、ノルマがないIFAは証券会社のように、会社の都合で金融商品を販売するようなことはありません。

純粋に顧客の利益を優先し、顧客が利益を出すことができるタイミングで金融商品を販売することができます。

証券会社のようにノルマに左右されることなく、中立的な相談を受けることができるのがIFAに相談する最大のメリットと言えるでしょう。

IFAには転勤がない!だから長期の資産運用を任せられる

IFAに相談する2つ目のメリットが、長期の資産運用を任せることができるという点でしょう。

証券会社のアドバイザーはサラリーマンであるのに対し、IFAは個人事業主ですので、長いお付き合いができるのです。

よい担当にめぐり合っても証券会社には転勤がある

証券会社と取引をしてきた人の多くが「せっかくよい担当者に会えたのに転勤してしまった」という経験があるのではないでしょうか?

証券会社のアドバイザーはサラリーマンですので、3年に1回程度で転勤になってしまうことが多いのです。

また、担当者によって顧客に対するスタンスは様々で、自分が担当している間にいかに多くの実績を出すかにこだわりとにかくどんな相場の時も顧客に金融商品を売りまくり販売金額にこだわる担当者もいれば、顧客の利益を重視してくれる担当者もいるでしょう。

また、担当者との相性もありますので、良い担当者が回ってくるかどうかは運次第という側面もあります。

証券会社との取引は、同じ会社と取引をしているはずなのに担当者によって投資スタンスが異なり、腰を落ち着けて長期間の運用ができないというデメリットがあります。

転勤のないIFAは長期の付き合いができる

一方、IFAには転勤がありません。

一度自分が「この人に相談しよう」と決めたら、長期間その担当者と付き合うことができます。

自分の投資スタンスを理解している信頼できるIFAと長期間付き合うことができるので、長期運用をしたいという人は、IFAに相談した方がメリットがあります。

投資以外の相談もできる

資産運用を行う人にとって、お金のことで相談したいことは必ずしも資産を増やすことだけではないのではないでしょうか?

税金対策、相続など、抱えている問題は多岐に渡ります。

このような場合もIFAに相談した方がメリットがあることが多いと言われています。

証券会社は資産運用専門

証券会社は基本的に資産運用しか行っていません。

税金対策や相続のことを証券会社の担当者へ相談したとしても、答えてもらうことができるのはあくまでも一般論だけです。

弁護士や税理士などの専門家を紹介してくれる担当者も存在しますが、実際に紹介してもらうことができるかどうかは担当者の人脈に左右されます。

基本的に、証券会社には専門性の高いトータルな相談は難しいと考えた方がよいでしょう。

IFAは様々な分野の専門家と付き合いがある

一方、IFAは資産運用以外の相談にも乗ってくれる可能性が高いといえます。

そもそもIFAの中には保険を扱っている人も多く存在しますので、IFAの仕事自体が多岐にわたっているということができます。

関連記事

金融商品仲介業者にIFAとして外務員登録した際に、その所属する仲介業者から保険募集人として登録することを求められるケースがあります。一見すると、登録に当たっては特に費用を要求される訳でもありませんので、一応、証券だけでなく保険も取り[…]

また、多くのIFAは弁護士や会計士や税理士など、税金対策や相続などに専門的な知識を持った専門家との繋がりがあります。

むしろ、資産運用以外の相談を希望する場合には資産運用以外にも精通したIFAを選べばよいだけです。

証券会社よりもIFAに相談する方が、投資以外のことについても高い専門性で解決してくれる可能性は高いと言えるでしょう。

まとめ

資産運用を相談するなら、証券会社よりもIFAの方がメリットが多いと言えます。

IFAならノルマに左右されることなく中立的な相談を受けることができ、信頼できるアドバイザーと長期間の付き合いができます。

また、資産運用以外にも専門性の高い相談をすることも可能です。

IFAに相談する場合には、よいアドバイザーと出会えるかどうかが非常に重要ですので、IFA選びは実績などを重視して慎重に行いましょう。

最新情報をチェックしよう!