IFAってIPO取り扱ってるの?証券会社との違いや配分方法

IFAとして独立する際、それぞれのIFAが外務員登録する証券会社について、いくつかの証券会社から選ぶことになります。

これまで大手証券会社では、当たり前のようにIPOを取り扱っていて、社員の決裁で配分を決めるというケースもありましたが、IFAの場合は実際どうなんでしょうか。

IPOの配分については、ブラックボックスになっている部分もあるため推測も含まれますが、この記事ではIFAと取引した場合にIPOを貰えるのかについて解説していきます。

IPOを取り扱っている証券会社

IFAを受け入れている証券会社の中には、野村證券や大和証券ほどでは無いものの、IPOを取り扱っている証券会社があります。

証券会社の多くは取り扱っている

多くのIFAが受け入れている証券会社として、取扱商品が幅広いSBI証券楽天証券が有名であり、IPOを取り扱っている事も広く知られていると思います。

それ以外のIFA業務を展開している“エース証券”や”あかつき証券”、”証券ジャパン”などの中小規模の証券会社においても、株数が少ないながらもIPOの取り扱いがあります。

株数は証券会社によって違う

上に書いた証券会社の中で、IPOの主幹事証券会社を務める事があるのは、SBI証券のみです。(記事更新時点)

IPOの配分株数は、主幹事証券会社かそれ以外の証券会社によって大きく異なり、株数は実に数十倍違うケースもあります。

一般的には、投資家がIPOを貰おうと考えた時に、そのIPOの主幹事証券会社以外から配分してもらう事はかなり難易度が高く、競争倍率が高い傾向があります。

楽天証券のIPOについて

楽天証券がIPOなどの引受業務を開始したのは割と最近の話で、SBI証券に比べるとまだIPOの実績も浅く、取り扱う株数もかなり少ないです。

基本は全て抽選

他のネット証券と似たようなルールになっており、IPOについては全てを抽選によって決定しています。

楽天証券のIPO抽選システムはここで詳細には説明しませんが、インターネットの顧客も、IFAの顧客も同等に扱われると思われ、この場合は倍率はどちらの顧客も同じです。

楽天証券のホームページを見る限り、特にIFAの顧客が優遇されるような制度はなさそうです。

しかし今後、楽天証券のIPO引受業務が拡大してきて、IPOの主幹事などを務めるようになれば、配分株数に余裕が出てきますので差別化してくる可能性はあります。

SBI証券のIPOについて

SBI証券は、IPOの取扱実績が毎年伸びてきており、まだ主幹事実績は少ないものの、IPO取扱件数が1位(2018年度)となっており、もはや大手五大証券に引けを取らない実績となっています。

IPO関与率は90%を超えており、国内のほぼ全てのIPOをSBI証券で申し込むことが出来ることや、独自のポイント制度などが個人投資家の間では人気となっています。

裁量配分もあり

SBI証券では、インターネットで取引する顧客がほとんどですので、取り扱うIPOのほとんどはそこに流れて行きますが、IFAの顧客については別途配分する事があるようです。

【募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針】

個人のお客様以外(当社金融商品仲介業者の対面取引のお客様を含みます。)の配分につきましては、原則として10%について抽選にて配分先を決定いたします。抽選によらない配分につきましては、顧客のニーズを的確に勘案するとともに、証券投資についての知識・経験・資力といったいわゆる「適合性の原則」の徹底に留意しつつ、顧客のお申込み条件や需要予測に対する反応度、参加の積極性、新規公開株のリスクの認識度、当社との取引状況、投資スタンス等を総合的に勘案して行うことといたします。

(SBI証券ホームページより引用:https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/stock/pop6040_ipobb_houshin.html

SBI証券はインターネット証券でありながら、大手証券会社と同等の規模になったので、上場企業のオーナーなどの富裕層顧客も増えてきました。

そういった一部の特別な顧客に配分できるよう、IPOの全てを抽選にするということはなく、裁量配分ができるような制度になっている事がわかるかと思います。

倍率は高いと推測できる

IFAの顧客については、富裕層を前提しており、なおかつ手数料が通常の対面証券会社と同じ程度であることを踏まえると、多少は優遇されて配分される事があるということです。

しかし所属する金融商品仲介業者の数や、そもそもの引受株数などを踏まえると、相当な競争率になると推測されます。

まとめ

IFAの顧客であっても、IPOに申し込んだり、大口顧客であれば優遇される場合がある事がわかりましたが、基本的には「当選すればラッキー」くらいの気持ちで申し込んだ方が良いかも知れません。

IFAと付き合って資産形成していくなかで、重要なのは長期投資の視点であるため、IPOはあくまで取引の副次的なものとして捉えておく方が良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!