スムーズに独立できるのは?IFAと金融商品仲介業者の設立について

近年、証券会社を退職し、IFAとして独立するという選択をする人が徐々に増えてきています。

金融機関を退職して独立することを決めたとき、金融商品仲介業者にIFAとして所属するか、金融商品仲介業者を設立するか、二つの選択肢があります。

それぞれの手続方法や、独立までに必要な期間について解説していきます。

IFAとは?

Independent Financial Advisor の略でIFAです。

無理して日本語にすると、「独立証券アドバイザー」のような名前になると思います。

このIFAの最大の強みは、証券会社の社員とは異なり、金融機関から独立しているため、ノルマが存在せずに、本当に顧客のために、商品を提案するなどのアドバイスが出来るという点です。

また、IFAは独立しているため、複数の金融機関と契約することも出来るため、複数の金融機関などから最も有利な商品を探すことが出来ます。

顧客目線でのアドバイスが出来るということが、ノルマ主義の証券会社との決定的な違いであり、IFAの最大の特徴です。

この近年人気となっているIFAになるには、証券会社でもセミナーや説明会を開いていますが、実は2つの選択肢があります。

IFAとして独立する背景などによって、どちらか1つを選びます。

  1. 金融商品仲介業者に所属する
  2. 自分で金融商品仲介業者を設立する

それぞれの選択肢について、見ていきましょう。

金融商品仲介業者に所属する

後で詳細に説明しますが、もう一方の「②金融商品仲介業者の設立」は、若干ハードルが高いです。

そのため、2つあると書きましたが、IFAとなる人のほとんどは、この金融商品仲介業者に登録する形式で独立をしています。

まず所属したい金融商品仲介業者を自分で選び、問い合わせなどをして面接後、登録というのが一般的な流れですが、SBI証券や楽天証券の説明会などを通じて紹介されたりするケースもあります。

この金融商品仲介業者は、保険代理店と同じように、相当数の業者が全国各地に散らばっているので、選びたい放題でもあります。

有給を取ってわざわざ説明会に出向かなくても、金融庁のwebサイト(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html)で業者を探したりも出来ますので、時間をかけて探してみた方が良い条件での独立が出来るでしょう。

金融商品仲介業者はどこの業者も人手不足なので、面識のない会社にいきなり電話やメールで問い合わせをしても大体ウェルカムに対応してくれます。

中にはIFAにとってかなり有利な条件を提示してくれる業者もあります。選び方や特徴などについては、別の記事でまた書きたいと思います。

証券外務員としての登録の手続きや、証券会社の研修を受けたりしなければいけませんが、登録までの時間は比較的短く、1ヶ月もかからないかと思います。

金融商品仲介業者の設立

先に書きましたが、色々とハードルが高いのがこちらです。

関東財務局や金融庁などに出向いて色々と質問されたりする場合もあり、また証券会社の協力が欠かせない等、IFA一人では、相当な時間と労力が必要となってしまうので、あまり現実的ではないです。

意外にも、費用はほとんど掛かることはありません。

一方で、登録までに時間が相当かかることで業界内では有名で、一般的には6ヶ月〜8ヶ月かかると言われています。

例えば、証券会社から独立して、この金融商品仲介業者を設立しようとした場合、証券会社で働きながら、平日の日中にSBI証券と関東財務局に出向き、何度も打ち合わせをしながら、同時に内部管理責任者となる人間を探す必要もあります。

そもそも、証券会社も暇じゃないですし、なるべく事務手続きの時間を減らしたいというのが本音なので、まずは金融商品仲介業者に所属するように強く勧めて来ます。

そのため、まず最初に金融商品仲介業者に所属する形で独立し、その後、IFA仲間を増やして金融商品仲介業者を設立するという流れが一般的でスムーズになります。

さいごに

結論としては、証券会社を退職して独立する場合、いきなり金融商品仲介業者を設立しようとせずに、どこかの業者に所属する選択肢という方を強くオススメします。

どこの業者であっても、確実に手数料をピンハネされますが、ひとまず登録までの6〜8ヶ月という時間を買ったと考えて、その後また人数を集めて設立するなり、検討すべきかと思います。

最新情報をチェックしよう!