IFAが実は女性に有利な仕事である理由(転職体験談)

証券会社に14年勤めて、IFAとして独立する事になりましたが、IFAとして働く事で環境が変わりました。

今回は女性視点で感じる証券会社の証券マンと、IFAとの違いを紹介していきます。

給与や福利厚生

証券会社の営業員は毎月一定額の給与やボーナスがあります。それが仕事に見合ってるのかはさておき、会社が潰れない限りは払われます。福利厚生面は健康保険組合もあり、厚生年金もあり、たくさんの提携業者がありますよね。

IFAは一定額の給与もボーナスもありません。健康保険も年金も自分でかけなければなりません。

個人事業主なので福利厚生は皆無、確定申告も自分でしないといけませんから表面上、どうなの?と思う部分が多いかもしれません。

ひと昔前は、東証一部上場会社に勤務していれば、一生涯安定しているという時代で、いわゆる終身雇用が一般的でした。

今は完全にそれがなくなったわけではありませんが、以前よりは会社を慎重に選ぶケースが増えてるのではないかと思います。

給与、福利厚生だけではありませんが、生きていくためには大事なことですから、楽しく仕事ができてそれに見合った報酬があるというのが最高だと思います。

簡単に一言で言えば、守られてるのか、守られてないのか、この違いです。

それを自分自信が受け入れられる覚悟があるかどうかです。

せっかく大好きな仕事を楽しくできるから、私は安定を捨て覚悟をきめました。

顧客のための提案

私にとってここが重要なポイントでした。

証券会社に在職中、いつも思うことがありました。

「これは本当に儲かると思って提案してるのか」

「顧客が求めてる商品なのか」

この2つは常に頭にありました。答えは言うまでもなくNOです。

それにも関わらず、よく14年も証券会社で働いてたなぁと思います。

会社として毎月募集するものもあり、突然言われる株式の販売や新規公開、公募増資、投資信託の残高が減るのは許されないという暗黙のルール、出金したらその分入金しないといけない、細かなサービスの申込の件数など、本当にたくさんの項目があります。

全ての項目をやりあげなければいけない環境なので、自分で考えて商品の種類、銘柄を選ぶことすらできない、いや、しなくなってしまうのです。

いつのまにか麻痺してしまい、そんな状況を何とも思わず淡々と仕事をしていた頃の方が、ある意味では幸せだったのかもしれません。

でもある日、ふとこのままでいいのか。これからあと30年もこんなことを続けて管理職になってどうするのかと自問自答する自分に気づきました。

その日を境にして、自分のしてきたことが間違ってきたのではないかと思うようになり、今この道を選んだことが答えです。

この顧客は何を求めているのか、それに対して本当に顧客のために提案ができてるのか、どのような商品が合うのかを真剣に考え、また儲けていただきたいという気持ちも強くなりました。

証券会社時代よりも、アンテナを張り巡らせ情報収集や資料を読み漁り、知識をつけるようになり、自分自身も成長してると思います。

この違いは本当に大きいですし、顧客の信頼が今まで以上に厚くなります。

「どうせ会社でやれって言われてるやつしか提案してないんでしょ」

このセリフを言う方、思ってるかたは私たちが思っている以上に多いと思います。

言われたときには内心、ノルマがあるしとか申し訳ないと思いながら提案してるのが営業員です。

でも今、IFAをしていてこのセリフを言わせる必要なんて全くありません。

顧客のための提案、資産管理、アドバイスしかしなくなりましたし、顧客にもそれがちゃんと伝わっていると思います。

働き方

会社に在籍していれば勤務時間はあります。いくら働き方改革だとは言え、相場は9時からはじまりますからその前までにその日の準備をしなければ動けません。

8時前に出社し、情報収集をしたり一日の行動スケジュールを考え、何の商品をいくら、どうやって買うのかを朝の会議に課長へ報告することもあります。

お気づきでしょうか?まずこの時点で②で書いたように顧客のための提案ではないのです。だって何の商品をいくら、現金なのか乗換なのかどうやって買うのか、そんなこと顧客が決めることですから。

ということから一日がはじまります。

基本的には会社で作業をするため直行直帰なんてできません。個人情報の持ち出しがあるので難しいのかもしれませんが、効率が悪すぎます。

フレックスを取り入れる企業もたくさんある中、業務量も多いですし、それに加えて会議、勉強会があるので不可能です。

その点、IFAは出社義務もなく基本的には自由に仕事ができます。仕事をしなければいけないというわけのわからないプレッシャーもなく、顧客のためだけを思って商品やプランを考えて相場のタイミングで提案できるということに喜びを感じることができます。

自宅でも電話やタブレットさえあれば、ほとんど仕事をすることができますので、私のように子供がいる人にとってはすごく働きやすい環境だと思います。急な病気で周りに気を遣って会社を休んだり、早退したりする必要もなくや学校行事にもスケジュールさえ調整すればいつでも参加できますし以前より子供との時間も増えました。

さいごに

このように私にとっては違いの差が明確であり、デメリットなんてありませんでした。

精神的に余裕ができると、自然ととりまく環境が変わりました。

上記の違いは結果的に全て、精神的な余裕なのではないかと感じています。

最新情報をチェックしよう!